オナ電希望の女子大生にオナ指示をしながらセンズリ

オナ電希望の女子大生にオナ指示をしながらセンズリ

 ハッピーメール&ワクワクメールのアプリには、驚かされまくりでした。
冷やかしや誹謗中傷が当然のネットの世界において、全くそれがない。
女の子の登録者も多数いる。
利用料金も、ヒラリーマンでも楽勝で利用が可能な金額設定。
登録しても、運営からの、頻繁なメールなども来ないのです。
すごい!
こんな世界が、ネットに存在したのか!
ひたすら感激でした。

 

 同僚の麻井から教わった、セフレ攻略方法を試すことになりました。
通話でエッチな気分を盛り上げたい女の子たちに、ひたすら声をかけまくって行く。
実際に会わなくてもいいテレセだから、応じてくれる女の子を見つけ出すまでに、時間も必要ではありませんでした。
お相手は女子大生。
ハッピーメールユーザの、オナ電希望の18歳の音依琉(ねいる)ちゃんです。
「エッチな事を、言ってくれますか?」
LINE通話を始めた途端に、言われました。
オナ電の経験がない僕。
最初はかなり戸惑ってしまったのですが、ちょっとしたエロい発言で、相手は反応してアヘ声を出し始めてくれました。
感激の瞬間となりました。
そこからはオナ指示に夢中になり、音依琉ちゃんが感じるような言葉を投げかけ続けました。
「音依琉のオマンコは熱くなっているのか?」
「は、はい…はっあっ…す、すごいです…」
「エッチな臭いもするんだね」
「は、恥ずかしい…ああっ、ああっ、し、します…エッチな匂い」
JDのアヘ声で、股間はずっと勃起。
自分でもシコシコしながら、相手にエロい言葉を吐き続ける。
なんてエッチなシチュエーションなんだ。
僕の興奮もひたすら高まるばかりでした。
音依琉ちゃんのアクメを待ち、僕も同時にセンズリをしました。
ものすごい勢いで発射!
天井に届くのではないかと思うほど、ザーメンが飛んで行きました。

 

定番アプリDL無料/登録無料

セフレを募集するなら迷わずこのアプリ!

トップへ戻る