オナ指示を希望するOLとの電話エッチでも盛り上がる

オナ指示を希望するOLとの電話エッチでも盛り上がる

若いフレッシュな肉体の味は、濃厚な興奮を与えてくれました。
一緒にシャワーをし、体をしっかりと洗ってあげる。
これは愛撫をしつつです。
見られていること、触られていることで、優奈の若いオマンコからは、マン汁が溢れ出していました。
しっかりとオマンコを洗った後、クンニをしていく。
「あ…はぁ…、駄目…感じちゃう」
「それはとても良いことだよ」
「うん…あっ、あ…いい…」
バスルームに優奈の声が反響してよりエロチックな気分になっていきます。
「そんなにしたら、逝っちゃう…」
「敏感なんだね」
「ああ…駄目っ立ってられない」
崩れそうになる優奈を抱きかかえ、ベッドルームへ移動しました。

 

 まずは手コキをさせていきます。
シコシコと柔らかい掌で、刺激を与えてくれる。
「おじ様の、すごく大きくて硬い」
「気持ちよくなるように、口で刺激をして」
「はい」
フェラを始めてくれました。
とても可愛らしい顔で、肉棒をしゃぶりまくる。
それこそ一心不乱といった状態でした。
我慢できなくなり、彼女を押し倒す。
正常位から、若い肉壺に差し込んで行きました。
「ああ〜っ、ああっあん、いいっ、ああああっ」
ベッドルームに優奈の声が響き渡る。
夢中になって、彼女の中で前後運動に励みまくる。
「あっいやっ、ああっいいっ、い、い、い、逝くぅ〜っ」
彼女は果ててしまいました。

 

 出会い系アプリでセフレ探しをし、テレフォンセックスで盛り上がり、ホテルの中で激しく合体を決め込めました。
単身赴任先で、魅力たっぷりのセフレを自分のものにできました。

 

とても気持ちの良い優奈の肉体を味わいつつも、別の電話エッチ相手も探せました。
この辺は、恋人同士とは違うため、複数作っても問題にはならない部分。
21歳のOL、あや乃です。
彼氏のいないあや乃も、派手な刺激を求めオナ指示を出して欲しいとお願いしてきました。
初回から、随分と盛り上がる通話。
彼女も、かなり感度が良いのか、何度も逝くを連発していました。

トップへ戻る