枯れ専女子の女子大生とテレセを続けていざラブホへ

枯れ専女子の女子大生とテレセを続けていざラブホへ

 オヤジ好きの枯れ専女子である女子大生との通話は、魅力溢れるものでした。
中年に、卑猥な言葉を投げかけられると、特に感じてしまうと言う優奈。
初回のテレフォンセックス大成功。
オナニー終了後「何回も逝った…」と言ってくれました。
オナニーが終わった後も、まったりとした通話。
甘えてくれる雰囲気が、好印象でした。
そして、その後も時間があれば連絡がやってくるように。
「また、エッチな事を言ってくれますか?」
と、お願いしてくるのです。
若い女性と共にオナニーをするのがとても楽しい。
私自身も若返ったかのように、肉棒を膨らませシコシコとやりまくっていきました。

 

 関係が突き進むと、オナ見ができるとは伊藤君の話です。
だからある時、優奈に「濡れた君のオマンコを見てみたい」と伝えてみました。
「そんな…すごく恥ずかしいです…」
「恥ずかしいと、余計に興奮できるんじゃない?」
「う、うん…」
「若いオマンコ見て、エッチな気分になりたいよ」
「は、はい…」
カメラを起動、下半身裸の姿を見せてくれたのです。
まさに鮮烈でした。
その日から、彼女のオナニーを見ながら、通話を楽しむようになりました。
そして、待望の待ち合わせの約束にまで持っていけたのです。

 

 優奈とのテレフォンセックスは、1カ月以上。
回数にすると、7回。
ついに待ち合わせになりました。
某駅で無事に彼女と対面ができました。
とても可愛らしい。
通話した感じも、また見た目の雰囲気も、完璧に甘えん坊。
そういう部分に、キュンときてしまいます。
カフェでワンクッション置いた後、駅の近くのラブホへ連れていきました。
生まれて初めてのセフレに、心が弾みます。
チャーミングな女子大生。
ビデオ通話で見るよりも、ずっとスタイルも良い。
徐々に裸にしていき、優奈の肉体を貪り食い始めました。

トップへ戻る