援デリという風俗業者に騙されて2万円を支払っていた

援デリという風俗業者に騙されて2万円を支払っていた

 某無料出会いアプリを利用した結果です。
2人の女性と待ち合わせに成功しました。
しかし、まさにデジャヴ。
全く同じような経験をすることになりました。
セフレが欲しいと思っている女性なのに、とにかく淡泊。
フェラと挿入のみ。
感じている姿を見せることもない。
共に2万円を支払わせる。
後日連絡すると、2回目以降も料金が必要になると言われました。
この謎の回答を教えてくれたのが、単身赴任先の後輩社員です。
チャラい男の伊藤君、飲みながら経験した話を伝えてみたところ、すぐに「援デリじゃないっすか」と言い出しました。
「それ、どういう意味だ?」
「知らないんすか?援デリ、風俗業者っす」
「風俗?本当に?本当なのか?」
「本当ですよ、有名ですよ、ネットの世界では多いんす」
とても嫌な気分でした。
もちろん素人のセフレ探しのつもりでしたが、待ち合わせした2人は、業者の派遣したプロだったのですから。
「美味しい条件とか出して、かわいい写メ見せてくるって、鉄板っす」
ニヤニヤしながら言ってくる伊藤君。
それを見ていると、ガッカリ感がアップって感じでした。
「河村(私)さん、適当に選んだ無料出会いアプリなんか利用しちゃったんじゃないすか?」
「そうだが…」
「そういう場所、業者の巣窟っすからね」
「そうなのか?」
「そうなんすよ、ネットの出会いに詳しくないと、確実に騙されるんですよね」
確かにネットには疎い私。
こういった、裏事情というものがあることも知りませんでした。
伊藤君、その後、とても良い情報を話し出してくれました。
「河村さん、ここの辺りのセフレ作りたいなら、出会い系の公式アプリが良いっすよ!」
「出会い系?」
大手の人気出会い系の公式アプリ、こちらはとにかく安全性が高い。
そして素人の女性たちが集まってきていると、彼は誇らしげに話し出しました。
「俺使ってんのが、ハッピーメールとワクワクメールなんすけどね、これすごいっす!」
公式アプリを利用した結果、月に何人もの女性とセックスを楽しめるようになったと、彼は豪語しだしました。

トップへ戻る